障害者申請方法

聞こえの悪さが一定条件を超えていれば、市町村から補聴器を購入の際、補助金の援助が受けられます。 交付を受けられる場合は「身体障害者」扱いとなり「障害者手帳」が必要になります。

当店は、吹田市の補聴器認定店なので、どうぞご利用ください

等級 認定条件
2級 

 両耳の聴力レベルがそれぞれ100デシベル以上のもの(両耳全ろう)

3級

両耳の聴力レベルがそれぞれ90デシベル以上のもの(耳介に接しなければ大声話を理解し得ないもの)

4級

①両耳の聴力レベルが80デシベル以上のもの(耳介に接しなければ話し声を理解し得ないもの)

②両耳による普通話し声の最良の語音明瞭度が50%以下のもの

6級

①両耳の聴力レベルが70デシベル以上のもの(40cm以上の距離で発生された会話語を理解し得ないもの)

②1側耳の聴力レベルが90デシベル以上、他側耳の聴力レベルが50デシベル以上のもの

階級に応じて、補助支給額が変わります。

   難聴とデシベル                                                                                                                   

正  常   30デシベル 未満(ささやき声まで聞き取れる)

軽度難聴   30~50デシベル(小さな声がやっと聞き取れる)

中度難聴   50~70デシベル(普通の声がやっと聞き取れる)

高度難聴   70~100デシベル(大きな声がやっと聞き取れる)

重度難聴   100デシベル以上(耳元で大声で話しても理解できない)

   身体障害者手帳の交付手続き                                                                                


市役所「福祉課」で身体障害者診断書・意見書の用紙を受け取り、障害者判定医の紹介をもらいます。


障害者判定医の診察を受けて「身体障害者診断書・意見書」を書いてもらいます


市役所「福祉課」に「身体障害者診断書・意見書」と本人写真を提出します。

※都道府県の身体障害者更生相談所にて内容審査・等級判定が行われます(1~3ヶ月)


身体障害者手帳の交付を受けます



   補聴器の交付手続き  (身体障害者手帳交付手続きと同時に行えます)                  

市町村役所に「身体障害者診断書・意見書」を取りに行く


役所指定の耳鼻科に行き、補聴器の処方箋(オージオグラム)に医師の診断書を記入をもらう


当店に補聴器の処方箋(オージオグラム)をお持ちください

当店が、オージオグラムから計算した等級の補聴器見積書、補聴器その他の部品等の見積書を発行させていただきます


補聴器の処方箋(オージオグラム)と、補聴器その他の部品等の見積書を市町村役所へ持っていってください

※世帯状況・収入等申請書、身体障害者手帳などの付帯書類び提出も必要です

※身体障害者更生相談所にて内容審査が行われます(約1ヵ月)

補装具費支給券が自宅に送られてくる(障害者手帳を申請の新規の方は、トータルで2~3ヶ月、その他の方は2~3週間で送られてきます)


補装具費支給券を当店にお持ち下さい。機器の購入手続きができます