補聴器商品ラインアップ

補聴器には適合する難聴程度があります

   機種の選び方 1 難聴の程度に合わせる                                              

補聴器のメーカーやシリーズによって「難聴」の程度に合う機種、合わない機種があります。また、個人の好みや耳の形状によって、耳あな式や耳かけ式などのタイプが選べます


軽度難聴 中程度難聴 高度難聴 重度難聴

ささやき声・静かな会話が聞き取れなかったりする すぐそばでゆっくり大きな声で話すと聞き取れる 耳元で大きな声で話すと聞き取れる  かなり大きな音ならどうにか感じられる
耳あな型
難聴の程度によって対応する機種を選択します
耳かけ型 
ポケット型

   機種の選び方 2 生活シーンで選ぶ                                                         

人それぞれ、「楽しみ」や「趣味」は異なります。

メーカーもそんな「楽しみ」や「趣味」を基本にした「生活シーン」によってさまざまな機種を発売しています。聞こえないからと言って、そんな「楽しみ」を諦めてしまうのはもったいないですよね。

ご自分が使われる生活環境をよく観察し、それに合った機種を選びましょう。

   機種の選び方 3 先進機能                                                                                

補聴器を「ヘッドホン」として使うことができます。携帯電話とつなぐと、補聴器から相手の声が聞こえたり、テレビとつなぐと、テレビの音声が補聴器から聞こえたり。

ボリュームの調整やシーンのチャンネル(プログラム)合わせを、手元のリモコンで調整したり…


補聴器は、本当に使いやすく進歩しています。

ご自身が、どこまで必要なのか、も機種選びの一つの方法です。

お勧めメーカー

吹田補聴器センターでは、多くの機種を扱っていますが中心的なメーカーをご紹介します。

ヨーロッパのメーカーは古くから補聴器に取り組み、先進的な機能・性能を誇っています。国産メーカーは後発ですが日本製らしい機能を持った製品があります。

ご相談しながらお客様の最適な機種をご提案して参ります。

GNリサウンド
シーメンス
フォナック
ワイデックス
リオネット補聴器

機器の保証延長 補聴器安心サポート

補聴器には、メーカー保証がついています。

メーカー保証終了後、最長2年間の保証を延長するのが この「補聴器安心サポート」です。

高くつく修理費用を1回の故障につき3000円の負担のみで済みます。

ご購入の際は、ご加入をご検討ください。


詳しくは、資料をダウンロード

ダウンロード
補聴器安心サポート
ansin_support.pdf
PDFファイル 3.1 MB