処暑 2018

激戦だった甲子園も終わり、

季節はすっかり残暑。

 

処暑 ですね

 

暑さが落ち着き、稲穂が実る時期ですが、

同時に

二百十日、二百二十日。

台風がたくさん来る季節でもあります。

 

お店の壁の絵は

ちょっと落ち着いた クジラにしました。

 

この季節…。

秋っぽい色を入れると暑く感じるし、

かといって残暑なのに、

ひまわりや海も浮いてしまう…

一年の中で一番、季節感を出すために頭を悩ませる季節です。

 

また

機会がありましたら、このクジラにも会いに来てくださいね。

 

今年の夏はとにかく暑く、

汗も多くかいたと思います。

私が覚えている限り、多汗のお客様には、お声をかけさせていただき、

2週間に1度のメンテナンスをお勧めしておりました。

 

これから、夏のダメージが補聴器に出ます。

夏の間、メンテナンスをされなかった方は、

お早めにお持ちくださいね

 

続きを読む
吹田補聴器センターのコンセプト 全ての人にちゃんとコトバが聞こえる幸せを

吹田補聴器センター

お客様と向き合います
こんにちは
認定補聴器技能者の 長江和子 です。

貴方は、補聴器にどのようなイメージをお持ちですか?

 

聴覚障害者の方のサポート器具、耳が遠くなったお年寄りのための道具…。

 

確かに間違いではありませんが、私たちの考える「補聴器」は少し違います。

 

補聴器は、「聞こえ」をサポートする道具ですが、

私たちは、その先にある「生活」が充実することを目指します

 

家族やお友達との会話が、

ちょっと聞きとりにくいなぁと感じたとき。

 

心の中では、聞こえにくいことで

ストレスが溜まります。

 

そして、そのストレスから、周囲の人と交わることを敬遠したい気持ちが起こります。

 

聞こえないことを知られたくない、迷惑をかけたくない、恥ずかしい…

いろんな感情が、周りの人との間に壁を作って「独り」になってしまいます。

 

補聴器を使うことで、「聞こえ」のストレスから解放され、

ご家族やお友達との交流も再開し、キラキラした毎日を取り戻した方はたくさんおられます。

 

「補聴器」とは「生活を充実させるためのツール(道具)」です。

 

私たち吹田補聴器センターは、補聴器を通じて、貴方の生活をサポートします。

 

少しでも「聞こえにくいな」と感じたら、ご連絡ください。

商品のラインアップ

各社の商品をご紹介しています。「難聴」の程度や耳の形状によって、耳あな式や耳かけ式などのタイプが選べます。

購入までの流れ

補聴器の選定からご購入までの流れをご覧いただけます。補助金の申請などのアドバイスもさせていいただきます。

障害かな?

聞こえにくさが身体障害に当たる場合があります。認定されると購入の補助がありますので、申請方法を案内しています

耳のリラックス

 よく聞こえるようにするには耳掃除も大切です。また耳もカラダの内。リラックスさせることで症状の改善を図りましょう


お問い合わせ・ご予約電話番号 0120−4122−42

処暑 2018

激戦だった甲子園も終わり、

季節はすっかり残暑。

 

処暑 ですね

 

暑さが落ち着き、稲穂が実る時期ですが、

同時に

二百十日、二百二十日。

台風がたくさん来る季節でもあります。

 

お店の壁の絵は

ちょっと落ち着いた クジラにしました。

 

この季節…。

秋っぽい色を入れると暑く感じるし、

かといって残暑なのに、

ひまわりや海も浮いてしまう…

一年の中で一番、季節感を出すために頭を悩ませる季節です。

 

また

機会がありましたら、このクジラにも会いに来てくださいね。

 

今年の夏はとにかく暑く、

汗も多くかいたと思います。

私が覚えている限り、多汗のお客様には、お声をかけさせていただき、

2週間に1度のメンテナンスをお勧めしておりました。

 

これから、夏のダメージが補聴器に出ます。

夏の間、メンテナンスをされなかった方は、

お早めにお持ちくださいね